フケかゆみを予防する自宅で簡単実践法

当サイトは、フケ・かゆみを予防する頭皮・毛髪健康育成専門サイトです

フケ・かゆみの原因

サンプルイメージ
そもそもフケ・かゆみの原因って?
髪に関する悩みでもっとも多いのが、薄毛や脱毛です。
その他にはシャンプーをこまめにしていても、フケやかゆみなどの悩みを抱えている人が意外と多くいます。


arrow もっと詳しく見てみる


その原因は、

使用しているシャンプーなどのヘアケア製品が自分の髪質に合っていない
シャンプーの正しい使い方をしていない
頭皮に対して刺激が強すぎる
といったことが考えられます。

頭皮のかゆみは、頭皮が乾燥した状態と考えられます。
お肌にかゆみを感じる人は、皮膚が乾燥している人に多く、頭皮もそれと同じことが言えます。

フケは、頭皮が脂っぽい人にも乾燥気味の人にもよく見られます。
皮脂の分泌が過剰になると頭皮が全体的に脂っぽくなり、脂のかすがフケになります。
乾燥した頭皮の人は、粉をふいたようなフケになります。


フケ・かゆみの解消法

サンプルイメージ
フケ・かゆみは、どうしたらなくなる?
フケ・かゆみを解消しようと思い、シャンプーをし過ぎる人がいますが、かえって逆効果になる場合があります。
シャンプやリンス、ヘアコンディショナーなどで洗っても、十分にすすがないと、ふけやかゆみの原因となります。
シャンプーは、毎日行わなくても、2日に1回でも十分です。


arrow もっと詳しく見てみる


自分に合ったヘアケア製品を使用すること
使いすぎないこと

髪の健康には必要なのです。

ヘアケア製品で健康な髪を作るというよりは、頭皮の血行を良くすることが肝心で、

指の腹でソフトな手ざわりで頭皮マッサージを行うと、血行が促進され、新陳代謝が活性化されて、フケやかゆみも自然におさまるようになります。


フケ・かゆみ解消に最適なシャンプー

サンプルイメージ
どんなシャンプーが合う?
合成界面活性剤が含まれないシャンプーであれば、なお理想的ですが、
敏感肌の人はシャンプーで頭皮やお肌に反応が出ることもありますので、敏感肌の人が安心した使い続けられるシャンプーが良いでしょう。


arrow もっと詳しく見てみる


具体的には、

頭皮や髪に対する刺激を最小限に抑えて、
皮脂の汚れをしっかり落とし、
必要以上に皮脂を落としすぎないシャンプー
です。

無香料・無着色など、無添加へのこだわりを持ったシャンプーが理想的です。
とくに敏感肌の方は、合成添加物や余分な油分やシリコンが含まれていない安全性の高いシャンプーを選びましょう。


フケ・かゆみに最適なおすすめシャンプー

S1シャンプー
S1シャンプー
S-1シャンプーは、大人気の育毛ミスとM-1の姉妹品で、抜け毛防止専用のシャンプーとして、男性にも女性にも使えるシャンプーです。
頭皮の乾燥を防ぐためにも、洗浄力は普通にとどめており、無香料で低刺激にこだわっています。
arrow 詳しくはこちら
ウーマシャンプー
ウーマシャンプー
ウーマシャンプーは、馬油を主原料としたシャンプーで、髪の健康とともに頭皮の健康について配慮されたシャンプーです。
ベトベトした感じがまったくなく、イヤなニオイも気にならず、泡立ちがキメ細かくてさっぱりとした洗い上がりです。
arrow 詳しくはこちら



フケかゆみを防ぐのに有効な育毛剤

特に、頭皮が乾燥ぎみの方に起こりやすいのが、フケかゆみの症状です。

そのフケやかゆみを抑える効果があるとして期待されているのが、有効成分「エビネエキス」です。
また、エビネエキスには血行促進効果もあり、継続して使用するとフケかゆみだけでなく、頭皮の皮脂も正常にしてくれます。

詳しくはこちら
フケかゆみを防ぐ7つの習慣って?
フケとかゆみを防ぐには頭皮環境の正常化を図ることが必要です。 日常生活の中で予防できる7つの習慣やシャンプー・リンス使用時の注意点について解説しています。
フケかゆみを防ぐシャンプーって?
生活習慣を見直すことも重要ですが、シャンプーは可能な限り無添加や低刺激で頭皮に負担がかからないシャンプーがオススメです。

side_box03_imgフケかゆみを防ぐ育毛剤って?
頭皮が乾燥していると、かゆみが増したりフケが多くなる可能性が高くなります。 そこで頭皮に効く有効成分が「エビネエキス」です。

side_box03_img女性に効果的な頭皮マッサージって?
洗髪しながら簡単に自分で頭皮マッサージできる方法を紹介しています。

side_box03_img知りたい!人気シャンプーの有効成分
人気シャンプーには一体どんな有効成分が入っているのか解説しています。

side_box03_img気になる人気育毛剤の有効成分
人気育毛剤に入っている有効成分を一覧で解説しています。

最近の投稿 アーカイブ カテゴリー メタ情報